クリニック案内

月別アーカイブ : 2016年1月

院長ブログ

インフルエンザ流行中

2016.01.28

インフルエンザが流行しています。今年度は例年より流行が遅いことから3~4月ごろまで流行が続く懸念があり、早めにワクチンを接種された方は成人であっても2回目の接種を検討されたほうがいいかもしれません。今日はインフルエンザの特徴についてはなしをさせていただきます。

インフルエンザ感染症は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。通常の風邪よりも症状が重く、急に高熱が出たりと急激に発症するのが特徴です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、おおむね38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。ワクチン接種者など時に38℃未満でも感染しているケースも時にありますので注意は必要です。健康な人ではその症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。ご高齢者や糖尿病、ぜんそくなどの持病をかかえている人では時に気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全にいたり死に直結することもあります。

インフルエンザウイルスの感染力は非常に強く、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。とくに集団生活を送る幼稚園、保育園、学校ではその傾向が強く、インフルエンザに感染した場合は学校保健法などにより登園登校停止日が定められています。インフルエンザのおおまかな特徴は以下の通りです。

潜伏期間 … 1~3日

感染経路 … おもに飛沫感染

発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る

症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など

療養期間 … 一週間程度

※飛沫とは、くしゃみや咳(せき)などで唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること。

治療法

できるだけ安静にし、栄養と十分な睡眠を取ります。つまり自己免疫力をたかめることが大切です。

  • インフルエンザウイルスの空気中での活動や感染を抑えるために、加湿器などで室内の湿度を50~60%に保ちます。
  • 水分を十分に補います。発熱による脱水を防ぐことが大切です。お茶、スープ、ジュースなど何でもいいので飲みたいものを飲みましょう。

インフルエンザを疑う症状がある場合はご来院ください。医療機関では以下のような治療を行います。

対症療法

発熱や関節痛などに対しては解熱鎮痛薬、鼻水やくしゃみに抗ヒスタミン薬 漢方薬などが使用します。一方、インフルエンザの症状はインフルエンザウイルスに対して免疫が正常に働いている結果であり、薬で無理に抑えないほうがよいという考え方もあり、強力に咳を抑える薬などは処方しないことが多いです。市販の薬を自己判断で使用することは、かえって逆効果になる場合があるので、医師の指示にしたがうようにしましょう!

抗ウイルス療法

インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。塩酸アマンタジンはA型インフルエンザウイルスに有効で耐性が起こりやすいのですが、ノイラミニダーゼ阻害薬はA型、B型どちらのインフルエンザウイルスにも有効です。早めに使用すれば有効です。

 当院ではインフルエンザの早期診断のため迅速診断キットによる検査および早期治療を行っております。早期診断および早期治療が重症化予防および早期回復に不可欠です。インフルエンザ症状が疑われる際は早めの受診をおすすめいたします。

 

 

 

 

上を向いて歩こう!!

2016.01.21

皆さん、こんにちは!

リハビリ助手の河田です。

 

さぁ、新たな年が始まりました!

皆さんは2016年をどんな年にしたいですか?

 

私は写真を撮るのが好きなので、今年は昨年以上に素敵な写真を撮っていきたいと思います!しかし今年はまだ写真を撮れていないので、今回は昨年の写真を紹介させて下さい。

 木漏れ日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木漏れ日…といったところでしょうか?

太陽の光を写真に収めるのはなかなか難しいものです!

 

夕日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは私が通う学校の屋上から撮影したものです。

授業後にこの夕暮れは沁みました…。

 

 

桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はお気に入りの一枚です。

早くこの写真のように桜の咲く暖かな季節になってほしいですね。

 

急に寒くなって参りましたので、皆さん風邪を引かないよう暖かくしてお出掛けして下さいね。そしてお出掛けの際は、ぜひ上を向いて歩いてみて欲しいです。視線を上げた先に素敵な景色が広がっているかもしれませんよ(^^)

 

 

エースナンバー!

2016.01.15

チームドクター兼コーチとしてお世話になっている少年野球チーム「二小ジャガーズ」に次男が入団しました。私、長男に続きお世話になります。背番号は昨年卒団した兄の背番号「18」を引き継ぎました。ユニフォームがダブダブなちびっ子ですが楽しく野球を続けていってほしいなと思っております。休日はまた野球三昧の日々が・・・ 

倭人 18

スターウォーズ~フォースの覚醒

2016.01.07

先日スターウォーズの新作フォースの覚醒を映画館で鑑賞してきました。ちまたで話題でしたので鑑賞してみようとそれほど期待せず鑑賞してきましたがどっぷり家族でスターウォーズにはまってしまいました。自宅でも旧作を鑑賞したり、ライトセイバーなどのグッズを購入したりと私もついにスターウォーズ熱に覚醒してしまいました。生活にまた一つ楽しみごとが増えると仕事にもいい影響が出そうです。今年も地域医療に貢献、覚醒?できますよう頑張ってまいります。今年もよろしくお願いいたします!

最近の投稿

月間アーカイブ

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ