整形外科

スポーツ傷害の治療の実際

 スポーツ傷害は大きくスポーツ外傷とスポーツ障害に分けられます。簡単に言えば、スポーツ外傷とは突発的なけがであり、スポーツ障害とは繰り返しの運動で痛みを持ってしまったけがということになります。

 運動中に発生した捻挫や靭帯損傷、骨折などの外傷は早期に診断を適切に行いRICEをはじめとした適切な処置を行うことが重要です。また少年野球における野球肘などは現場レベルでは見逃され障害が進行することがあり、現場レベルでの啓蒙含め診断後はスポーツ復帰に向けた治療ケアを計画的に行っていく必要があります。当院ではスポーツ経験のある医師・理学療法士がスポーツ選手の立場にたって治療にあたらせていただいております。

スポーツ外傷

 足関節、手関節の捻挫・靭帯損傷・骨折・肉離れ・打撲・突き指などのスポーツ中に生じる突発的なけがの総称です。主に、スポーツ中に無理な力がかかることによるけがです。骨折、靭帯損傷などは早期に適切な治療が行われないと後遺障害を残しスポーツの継続が困難となるケースがあります。

スポーツ障害

 野球肘や野球肩、シンスプリント(過労性脛部痛)・腰椎分離症などスポーツを継続するにあたり使い過ぎ(オーバーユース)にて引き起こされるけがのことを指します。スポーツ障害は、身体的、もしくはスポーツの環境的要因で起こります。最初はわずかな違和感だけだったものが、痛みに変わり、痛みを抱えたまま運動を続けることによる障害が発生、スポーツ継続に大きな障害になったり、スポーツをあきらめなくてはならない残念な結果になることもあります。

スポーツ傷害の治療

 スポーツ傷害に対する治療にはその症状や病態によりいろいろな治療がありますが大きく分けると手術を行う方法(手術療法)と手術をしない方法(保存的療法)があります。手術が必要な場合は患者様の希望に合わせ手術可能な連携病院へ速やかに紹介させていただきますが、スポーツ傷害の多くは保存療法にて治癒改善するケースが多く当院では運動療法・理学療法を積極的に行いながらスポーツ傷害に対する治療に力を入れております。

例 内側型野球肘の治療
1. 医師による診断
  障害部位の特定~筋肉の障害・骨軟骨の障害・靭帯の障害
  投球フォームのチェックと痛みの生じる投球場面を確認
  ~スライド期・コッキング期・加速期・フォロースルー期
2. 診断をもとに治療復帰プランを作成
  定期的に医師のチェック
  理学療法士による前腕・上腕筋群のストレッチ
  肩甲帯および股関節の固い症例は同部のストレッチ
  レーザー・超音波治療などによる疼痛緩和
  超低~中周波治療による患部周囲筋力アップ

上へ戻る ▲

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ