スタッフブログ

スタッフブログ

骨粗鬆症について

2021.05.19

こんにちは 整形外科 看護師です。
今回は骨粗鬆症の原因と予防についてお話しようと思います!

骨の成分はカルシウムで骨形成と破壊を繰り返し新陳代謝をしていますが 、骨がもろくなり骨折しやすい状況になってしまう状態が骨粗鬆症です。
日本で骨粗鬆症の人は1300万人と推定されています。

<原因>
加齢、女性ホルモン特に閉経後の女性、カルシウム調整ホルモン、遺伝、 カルシウム・ビタミンD不足、日光浴不足、運動不足、喫煙、飲酒、カフェイン、食塩、糖分、ストレス、ステロイド剤等があげられます。

<予防>
※食事 カルシウムやビタミンDを含んだ食事をする。
カルシウムの摂取量:1日 600㎎前後
多い食材:牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、小魚、小松菜、海藻類
サプリメントは2300㎎以上取らない。
ダイエット時もカルシウムを意識し食事をとる。
(若い人も気をつけましょう)
カルシウムを尿に過剰排出されるのを防ぐ。
(食塩、糖、カフェインを摂りすぎない)
ビタミンDの摂取:カツオ、マグロ、アジ、サケ、イワシ、シイタケ、キクラゲ、バター、卵等

※日光浴 ビタミンDは日光浴によりプロビタミンDに代わり吸収される為、日光浴は必須です。ビタミンDはサンシャインビタミンと呼ばれています。

※慣習 タバコはニコチンなどにより、骨細胞が破壊され、
カルシウムの吸収抑制やビタミン不足、ホルモンへの影響があります。アルコールの摂取過多はカルシウム吸収を低下させます。

※定期的な運動
骨に体重をかけるような運動をする。
しかしストレスになるほど過度な運動は逆効果です。
専門科(理学療法士等)の指導・運動方法を症状に合わせて行い予防しましょう。

※環境整備
生活の中で躓きそうな物(絨毯等)片付けて段差をなくしたり、
脱げにくい履物等に変えたりと日常生活を工夫していきましょう。

以上のことを参考に日頃の生活の中で、できることから少しずつ予防していきましょう(^^♪

診断:レントゲンで骨密度測定 
治療:薬物療法 内服薬や注射と予防の続行

ツイッター

2021.03.25

皆さん、こんにちは! 理学療法士の川畑です(^^)

昨今話題のSNSですが、実は当院も使っております!

休診や診療変更をなるべく早く知りたい…

予防接種や医療の情報が手軽に見れたら…

でもわざわざHPをみるのもめんどくさい…

そんな方々にも、いち早く情報をお伝えします!!!

あんずクリニックTwitter: https://twitter.com/anzu_clinic

↑↑こちらのQRコード・URLからご確認いただけます↑↑

ちなみに…

あんずクリニックリハビリ科Twitter:https://twitter.com/anzu_reha

↑↑こちらはリハビリ科のスタッフが運営しております↑↑

SNSも使い方次第では、とても便利なツールです。

ぜひ、使ってみてはいかがでしょうか??

定期的な閲覧はもちろん、フォロー大歓迎です! 

お待ちしております(^^)

ロタウイルスワクチンのご案内

2020.09.30

こんにちは 小児科看護師です。

今回はロタウイルスワクチンについて、ご案内したいと思います。

ロタウイルスワクチンは現在任意(全額自己負担)での接種となっていますが、2020年8月以降産まれた方より公費(自己負担なし)での接種が可能となります。

公費に変更になるにあたり、2種類のロタウイルスワクチンの接種が当院でも可能となります。希望のワクチンがありましたら、予約時にお伝えください。

どちらにした方がいいのか迷われる方もいらっしゃると思います。

下記の違いを参考にしていただければと思います。

もちろん、受診された際に医師に相談することも可能です^^

自治体より配布される指定の予診票を持ってお越しください。

現在、当院では平日(祝日除く)14時~15時が予防接種専用時間になっております。

もちろん、その時間以外も予防接種予約は可能です。お待ちしております。

「紫外線」や「冷房による冷え」対策に最適 あんずの栄養成分

2020.06.23

運動習慣のある方向け!第7弾「下肢・体幹の運動」~トレーニング編 スクワットの深さの紹介~ 

2020.06.20

皆様、こんにちは!

理学療法士の奥田です(^^)

 

スクワットについて、2種類紹介して参りましたが

今回は、深さについてご紹介したいと思います。

種類としては、下記の3種類です。

①クォータースクワット

②ハーフスクワット

③パラレルスクワット

深くなるほど、前ももや裏ももなど、下肢のさらなる筋力強化が期待できます!

ただし、負荷が強くなるため

痛みや痺れなど、引き続き注意して実施してください。

 

浅めのスクワットから、10回×3セットを目安に開始します。

疲労なく、実施出来るようになりましたら

深さを徐々に落としていくようにしましょう!

 

また、最近患者様から暑さで体調を崩しているとの声も出てきています…

トレーニング前後での栄養補給等もしっかり行っていきましょう!

運動習慣のある方向け!第6弾「下肢・体幹の運動」~トレーニング編 ノーマルスクワット~ 

2020.06.12

こんにちは!理学療法士の伊藤です(*^^*)

運動習慣のある方向けも第6弾となりました!

今回は下肢・体幹トレーニング編、ノーマルスクワットです。

前回のワイドスクワットに比べ、フォームが崩れると膝を傷めやすいので注意点をよく見て行ってください。

では、早速やってみましょう。

                                                        

ワイドスクワットと比べると、太腿をより鍛えられるのがノーマルスクワットです。

スクワットの深さについては追ってお伝えしますね。

                                                         

気温上昇により熱中症になりやすいので、トレーニング中の水分補給も忘れずに!

運動習慣のある方向け!第5弾「下肢・体幹の運動」~トレーニング編 ワイドスクワット~ 

2020.06.09

こんにちは、理学療法士の伊藤です(*^^*)

今回は運動習慣のある方向けの下肢・体幹トレーニング編として、『スクワット』を数回にわたりご紹介していきます。

スクワットを取り上げた理由は・・・・・・   

日常生活動作では、歩きだけでなく、階段・立ち上がり・坂道などでも膝の曲げ伸ばしが常に行われています。

スポーツ動作では、動きの質を良くしていくための構えの動作(パワーポジション)として膝を曲げた状態を維持することが重要となってきます。

こういった動作を行う時にスクワットはもってこいのトレーニングなのです!

それではまず、ワイドスクワットをご紹介します。

                                                            

                                                        

腰をおとす深さによって鍛えられる筋肉や負荷は変わってきます。

その事についてはまた後日お伝えしていきます。

                                                                 

筋力チェックで確認した現在のご自身の状態を維持、そして向上させていくためにもトレーニングをしてみましょう。

                                                       

次回はノーマルスクワットをご紹介します♪

運動習慣のある方向け 第4弾 「下肢・体幹の運動」~筋力チェック編~

2020.06.06

皆様こんにちは! 理学療法士の奥田です(^^)

皆様、下肢の筋力に自信はあるでしょうか…?

 

前回は、下肢(股関節)の柔軟性改善のトレーニングを紹介させて頂きました。

今回は、運動をする上で筋力が十分に備わっているか

下肢の筋力チェック、片脚立ち上がりテストを紹介していきます!

トレーニングやスポーツ復帰を行う前の確認がオススメです。

 

 

 

 

如何でしたでしょうか?

 

下肢の筋力が不足したまま、運動を継続すると 思わぬケガや痛みが生じる可能性があります。

また、筋力が十分だからといって 全く怪我やリスクが無い訳ではありません。

あくまで、スタート地点として自分のレベルがどうかの参考にして

トレーニング再開時は、徐々に段階をあげていくようにしましょう!

一度クリアした後も、1~2ヶ月に一度チェックすることで筋力の維持や向上が出来ているかの確認になります!

継続していきましょう。

 

今後は、下肢の機能的な筋力の向上に向けた キングオブトレーニング…

スクワットの種目を段階的にいくつか紹介していきたいと思います!

皆様、お楽しみに(^^)

運動習慣のある方向け!  第3弾 「下肢・体幹の運動」 ~ストレッチ編~

2020.05.30

こんにちは、理学療法士の伊藤です(*^^*)

前回の上肢・体幹編に続き今回は下肢のストレッチ編。

「体を動かしやすくするための股関節のストレッチ」をご紹介します。

股関節は体を動かすときにとても重要な役割をしていて、動きを良くすることで

・立ち座り、しゃがみ動作などの日常動作をしやすくする

・トレーニングを効率的にする

などの効果があります。

トレーニングをより効果的に行いたい方、また始めようと思っている方などには特におすすめです。

それでは早速やってみましょう。

⚠実施前の注意点

普段、体に違和感・痛み・しびれなどがある方、体調のすぐれない方は無理に行わないようにしてください。

                                                        

                                                         

                                                                             

股関節周囲が硬いままトレーニングを継続すると、他の関節に負荷がかかりすぎて、痛みが出てしまう・・・という可能性が高くなります。

                                                         

次回以降、以前ご紹介した筋力チェックよりも負荷量の高い筋力チェックや、スクワットなどのトレーニングをご紹介していきます。

その準備段階として是非ストレッチを行ってみましょう^^

 

運動習慣のある方向け! 第2弾「上肢・体幹の運動」  ~トレーニング編~ 

2020.05.26

皆様こんにちは! 理学療法士の奥田です。

前回に続き、「上肢・体幹トレーニング」のご紹介をしていきます。

今回は、ストレッチで広がった可動域を

機能的に使えるようになるトレーニングをご紹介していきたいと思います!

 

◇このトレーニングを行う事で、体が後ろに開いて肩甲骨が回しやすくなります

 投げる動作の溜める動きなどがしやすくなります

◇行う際に、開く速度を上げる事で運動の負荷をUPする事が出来ます

◇腰を反る・捻ると、腰骨(腰椎)を痛める可能性があるため注意しましょう

 

◇このトレーニングを行う事で、手を上に伸ばす時に身体が柔軟にしなるようになります

 遠くに手が伸びるようになり、空中のボールをキャッチなどがしやすくなります

◇行う際に、開く速度を上げる・重り(水入りのペットボトル等)を持つ事で

 運動の負荷をUPする事が出来ます

◇腰を反る・捻ると、腰骨(腰椎)を痛める可能性があるため注意しましょう

◇首がすくむと、肩や首を痛める可能性があるため注意しましょう

 

 

◇このトレーニングを行う事で、肩甲骨と腕の動きの切り替えがスムーズになります

 肩を後ろに引いてから、前に持ってくる動きがしやすくなるため  

 投げる動作や、バレーボールのスパイクなどがしやすくなります

◇行う際に、開く速度を上げる・重り(水入りのペットボトル等)を持つ事で

 運動の負荷をUPする事が出来ます

◇腰を反る・捻ると、腰骨(腰椎)を痛める可能性があるため注意しましょう

◇首がすくむと、肩や首を痛める可能性があるため注意しましょう

 

 

「上肢・体幹トレーニング」は以上になります!

家で過ごす時間が長くなると 知らず知らずのうちに、身体は衰えてしまいます。

力強い身体を保つために、トレーニングを継続していきましょう。

 

 次回は、自宅で行えるスポーツに向けた筋力・柔軟性チェックを紹介した後

下肢のトレーニングをご紹介していく予定です!

 

よろしくお願い致します^^

最近の投稿

月間アーカイブ

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ