スタッフブログ

スタッフブログ

日々勉強に励んでいます

2019.04.17

皆様,初めまして!

4月より入職しました助手の内田麻菜美です.

以前,実習でお世話になり,あんずクリニックで働きたいと思い,助手として入職させて頂きました.

立派な理学療法士になれるよう,国家試験に向け,日々勉強に励んでおります.

助手の仕事は初めてでまだまだ緊張していますが,患者様やスタッフの皆さんなど,

多くの方々が優しく接してくださり,仕事がとても楽しいです!

リハビリや物理療法で来院して下さった患者様と笑顔で楽しくお話ができたらと思っております.

 

ここで少し自己紹介をさせていただきます.

【プロフィール】

 内田 麻菜美(ウチダ マナミ)

<趣味> バレーボール,バドミントン

<食べ物> パン,抹茶,甘い物が大好きです! (約3年間ドーナツ屋でアルバイトをしていました)

<マイブーム> チーズタルトを食べること

<好きな言葉> 一期一会

(桜,一応咲いてます…)

 

患者様にとって,より良い時間を過ごしていただけるよう

笑顔で頑張りたいと思いますので,これからよろしくお願い致します.

障害予防教室 ~スポーツを怪我なく続けるために~

2019.03.15

皆さん、こんにちは!!理学療法士の奥田・川畑です!!

前回に引き続き、今回もスポーツの話です(^○^)

先日、東京都理学療法士協会スポーツ局学校保健部の活動のサポートで

狛江市を中心に活動しているミニバスケットボールチームの障害予防教室に伺いました!

小学1年生から6年生で約30名、指導者・保護者で15名に参加して頂きました!!

成長期の障害について、身体のチェック、足やシューズのチェックなどなど…

子ども達も、普段から子どもを見守っている保護者達も、興味深そうに聞いていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

成長期は大人の身体に近づくために必要な過程である一方で、

成長過程の身体は脆く、怪我をしやすい身体になってしまいます。

しかし!!      

自分の身体を知り、ケアを上手に行えば、成長過程の中で身体に必要以上の負担をかけず

スポーツを続けることができます。

 

ご自分の身体や、お子様の身体の全身的な柔軟性や筋力はどうでしょうか?

一度振り返る機会を作ってみてもいいかもしれませんね。

怪我が多い痛みが出やすい など疑問を感じる時は、医療機関への受診をお勧めいたします。

 

当院では、小学生から後期高齢者まで幅広い年齢層の方を対応させていただいています。

また、インソールやテーピング指導も行いながら、

怪我からのスポーツ復帰へのサポートも全力で行っております!!

みなさまのお役に立てるよう、スタッフ一同尽力して参りますので、

気になる点などあれば、お気軽に当院までお越しください(*^^*)

寒いですが、身体を動かしていきましょう!!

2019.03.15

皆さん こんにちは!理学療法士の川畑です!(^^)!

寒かったり、暖かくなったり、寒暖差が激しい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

ジーーーーっとしていると、寒さが増してくるような気がするのは私だけでしょうか?

と、いうことで私は先日、武蔵野スポーツクラブ主催で行われた、

知的・発達障害のある小学生を対象としたサッカー教室ボランティアに参加して参りました!

サッカーをしている時の真剣な表情・悔しそうな表情・嬉しそうな表情や

成功した時にチーム全体が盛り上がる様子などなど、

私が想像していた以上に、子どもたちの色々な表情を見ることが出来て、とても楽しかったです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

(残念ながら個人情報保護のため、写真はNGでした。)

今回、違うジャンルへの挑戦で初参加でしたが、

参加してくれた子どもたちは皆元気で私も元気を分けてもらいながら、

一緒にサッカーをして、身も心もポカポカになりました(*^^*)

ボランティアで参加したはずが、私のほうが色々学ばしてもらい、元気をもらったみたいです…笑

 

春が近づき、少しずつ暖かくなるなか、寒い日もあると思いますが、

寒さに負けず、身体を動かして身体の芯から温まるのもたまにはいいかもしれませんね(^^)

 

あんずクリニックのスタッフ一同、寒さに負けず皆様をお迎えできるように

しっかりと体調管理に努め、皆様をお待ちしております!!

当院でのスポーツ疾患

2019.03.04

皆様こんにちは。

理学療法士の橋本、曽根田です。

 

当院では、スポーツ障害の患者様も多く、スポーツ障害に対するアスレチックリハビリテーションにも力を入れております。スポーツ活動では日常生活よりも各関節や筋肉に大きな負荷がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにスポーツ障害が引き起こされる原因として、筋力低下や柔軟性低下の他に誤った身体の使い方があります。

つまり安全な競技復帰には、スポーツ活動に耐えうる高い筋力・柔軟性に加え、怪我をしない身体の使い方を覚える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では、幅広いスポーツ障害に対して筋力測定機器を使った筋力測定やフィジカルチェックを行っています。

 

さらにラダーやミニハードルを利用した敏捷性のトレーニングのほかに、各スポーツ動作に応じたトレーニングや動作指導等もきめ細かに行っております。

一人一人の患者様に合わせ、特徴を理解した上で再発予防はもちろん、受傷前よりも良いパフォーマンスを発揮できるようなリハビリテーションを目指して行っています。

 

週末にトレーナー活動を行っているスタッフも在籍し、スタッフ間でもACL損傷をはじめとしたスポーツ障害の勉強会を毎月実施し、研鑽を図っています。

 

スポーツ障害に悩んでいる皆様、より高いレベルでのスポーツ活動を望んでおられる皆様、私達と一緒にご自分の身体の使い方を今一度見直してみませんか。

身体の使い方を改めることで障害予防はもちろん、パフォーマンス向上にもつながりますよ。

気になった方はぜひ!

来院お待ちしております。

テーピングもリハビリの一環

2019.02.28

皆さんこんにちは! あんずクリニック理学療法士の堀と奥田です。

みなさん、テーピングはした事ありますか? スポーツをされている方は経験があると思います。

 

テーピングは怪我した後、固定する為のもの…

 

だけではありません!

 

テープを使う事で、自力で作れない姿勢や動きを作れるように誘導できます!

しかし、ただ巻けばよいのではなく、その人の体格、症状に合わせて巻き方やテープの種類

を変える必要があります!

 

 

 

 

 

 

それには、身体についての正しい知識とテープの特徴、

使い方をきちんと理解し、扱える必要があります。

これが非常に奥が深い…

 

 

堀、奥田は、テーピングの講習を受け、基礎知識を学んだ上で日々練習を行なっています。

 

 

 

 

 

 

 

当クリニックでは、テーピングをリハビリの一環として

スポーツをやる方だけでなく、子供から高齢者まで活用してます!

お気軽にあんずクリニックへいらして下さい! よろしくお願い致します^ ^

感染制御の味方!感染委員会.

2019.02.25

当クリニックでは,毎月各部署のスタッフが集まり感染委員会(ICC)を開催しています.

感染委員会の主な仕事は院内の感染制御管理,啓蒙,院内ラウンド(パトロール)などです.

(大病院ではない当クリニックの様な診療所で感染委員があるのは珍しいかもしれません.)

 

先日,感染委員会による院内ラウンドを行いました.クリニック内を丁寧にラウンドをしてみると感染制御上,改善した方が良い点が見えてきます.感染制御はとても大切で疎かにすると重大な医療事故にも繋がりかねません.

 

それなので,あんずクリニックでは感染委員会監視のもと清潔な環境で医療行為が行えるようよう日々注意しています.

 

感染委員会の皆さま,いつもありがとうございます.

(本多)

防寒対策

2019.02.13

皆様こんにちは。

理学療法士の小野寺です。

寒い日々が続いていますが、体調崩したりしていませんか?

外に出るときには、暖かくして風邪を引かないように気を付けましょう。

 

3つの『くび』を温めるといいと言います。

くび、手首、足首の3カ所です。

 

 

 

 

 

 

 

マフラー、手袋、ブーツで防寒対策を!!

 

 

まだまだ寒い日が続きます。

インフルエンザはピークは過ぎたと聞きますが、まだまだ流行っています。

うがい、手洗い、乾燥予防をしっかり行い、予防に努めましょう。

 

 

 

 

 

法人全リハ職合同研修会

2019.01.09

新年明けましておめでとうございます。

副院長の本多です。皆様はどのような年末年始を過ごされたのでしょうか?

私は年末年始のお休みを自宅周囲でのんびりと過ごさせていただきかなりリフレッシュできました(^○^)

 さて、少し前になるのですが去年12月19日、当法人のリハビリ全専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)を対象に合同研修会が開催されたのでご報告させて頂きます。この研修会聴講の為に,天誠会の全事業所(武蔵境病院本院,あんず苑,あんず苑アネックス,小金井あんず苑,訪問看護ステーションそしてあんずクリニック)から計30名以上のリハビリスタッフが集結しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  研修内容は「呼吸器リハビリテーション」について。

 厚生労働省人口動態統計によると,日本人の死因における肺炎の順位は2011 年に脳血管疾患を抜いて第3 位となりました。このように呼吸器疾患は全セラピストが向き合う疾患であり、若手セラピストより法人全体研修で取り上げて欲しいと以前より要望の多いものでした。

 この要望に対し、武蔵境病院本院長が講師を引き受けて下さいました。

 年末の忙しい時期ではありましたが、圧巻のプレゼン資料を準備していだたき基礎学問から臨床まで幅広く学ぶ事ができました。(天野英介本院長ありがとうございました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年も様々な患者様に対応できるよう法人リハビリスタッフ一同研鑽していく所存です。

皆様、宜しくお願い致します。

文献抄読・実技練習会のお知らせ

2018.12.20

  あんずクリニックでは毎週金曜日に海外徒手理学療法の勉強会を行っています。この勉強会では文献抄読と実技練習をしています。座学と実技を交互に行うスタイルを取っています(座学だけだと頭でっかちになるし眠くなりますよね(^^))。

 

 

 

 

 

 

 

クリニックスタッフだけではなく他施設からの理学療法士の方も口コミで参加しています。

参加者数は現在10名前後.質問も実技確認もすぐできる人数です.皆さん週末の業務後にも関わらずやる気満々です。

(文献は和訳されたものを使うので英語力に自信が無い方も安心して参加して下さい)

 

ナビゲーターは、各種海外徒手療法研修を修了した本多が務めさせていただいてます。

内容は徒手療法だけに限らず、ハンドリング、ファシリテーションやアスレティックリハなどに波及することも。

 

姿勢評価後に重心操作をしての起き上がり介助

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重心評価の応用として古武術式リフトアップ。コツをつかめば軽々持ち上げられます!

 

 

 

今年は残すところ12月は28日(金)の一回のみとなりました。開催時間は19時10分~21時00分です。

 

参加を希望される方は、

 ①氏名(フリガナ)

 ②年齢

 ③所属

 ④経験年数

を記載したEメールを

 m-honda@tenseikai.or.jp

まで送って下さい。

 

平成31年 1月は11日、18日、25日開催予定です。

2月以降の日程は決まり次第、このブログでお知らせします。興味のある方はこのスタッフブログを今後チェックしていって下さい。

副院長:本多 慎

 

外部理学療法士向けワークショップ開催のお知らせ

2018.12.20

 先月より当クリニックにて外部理学療法士向け「臨床技法向上ワークショップ」を開始しました。

※ワークショップとは、参加者が専門家の助言を得ながら問題解決のために行う研究集会の
ことです。当ワークショップは「理学療法」,「ボディーワーク」,「臨床心理技法」および「武道武術的身体操作」について座学と実技を交えつつ展開していきます。

前回の参加者からは

「様々な気づきがありとても面白かった」

「技術の前に人として大切な事が学べた」

「難しいけど、習得してみたい」

「知らない世界が沢山ありました」

など様々な感想を頂けました。

 

 

次回開催は平成31年1月20日(日)午後となっています。理学療法士で臨床技術を上げたい方。日々の業務を違う角度から見直したい方などなど興味のある方、是非いらして下さい。

 

 参加希望の方は、下記のファイルを参照し申し込みをして下さい。

ワークショップ開催案内

(本多)

最近の投稿

月間アーカイブ

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ