クリニック案内

月別アーカイブ : 2014年11月

院長ブログ

スポーツ障害に伴うリハビリテーション

2014.11.28

スポーツ障害によりリハビリテーションが必要な患者様が増えてまいりました。野球肘、投球肩障害であるSLAP LESION、肩腱板損傷などを抱える野球選手から、ポワント(つま先立ち)による足関節・アキレス腱周囲の障害をかかえるバレエ障害、サッカー選手やバスケットボール選手に認められる膝蓋腱、大腿直筋腱の疼痛をきたすジャンパー膝。スポーツ障害はスポーツ特性により実に様々な病態を呈します。適切に診断し、適切にリハビリテーションを行うことが大切です。またスポーツ復帰の時期などを患者様の状態に合わせしっかりプランニングすることが再発防止の上でも非常に重要なことだと感じております。スポーツ障害でお困りの方は整形外科外来までご相談ください。

ディズニーのおもてなし

2014.11.26

IMG_2017.JPG

連休を利用してディズニーシーへ遊びにいきました。いつもながら、特別な時間を提供してもらえるディズニーのおもてなしには感動させられます。業種は違えど勉強になりました。

往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし

2014.11.19

高倉健さんがお亡くなりになりました。 不器用ですから・・・のセリフが有名な健さんですが「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」 という座右の銘があったそうです。胸に響く言葉ですね。私も日々精進したいものです。  

武蔵野運動器リハビリ研究会

2014.11.15

昨日は武蔵野運動器リハビリ研究会に当院リハビリスタッフと一緒に参加してきました。早稲田大学の金岡先生の演題 スポーツ医学で腰痛を治すを拝聴させていただき、腰痛に対するリハビリテーションの重要性について再認識させられ大変勉強になりました。また普段より連携させていただいている武蔵野赤十字病院の先生方と貴重な意見交換ができ有意義な時間でした。 ちなみに昨日はリハビリスタッフと一緒に吉祥寺の会場まで自転車で向かいました。自転車であーだこーだと喋りながらこれまた学生時代に戻ったようで楽しいひとときでした。

バランスボールの注意点

2014.11.13

 リハビリ室長の本多です。

前回のブログ「リハビリ室長玉乗りします!」は多くの患者様から反響がありました。

「すごい!!」という声もあれば

「合成じゃないのぉ?!」とか

「ボールがつぶれているから簡単そう」という声も。

 

自分で試してみた方は、ボール上で簡単に立てないことが分かったと言ってました。

そう、空気が多少抜けていてもボール上で立つのは難しいのです。しかも、難しいだけではなく練習せずに立とうとすると予想以上の速度で転ぶので非常に危険です。

下手をすると思わぬ大怪我をする恐れがあります(私、かなり練習しました)。

 

それなので今回は、バランスボール上で立つまでに順番でやって欲しい訓練を紹介します。

徐々に難易度があがります。難易度の低いものを沢山こなしバランス能力を高めてから上のレベルを目指して下さい。

 

くれぐれも無理をせず周りの環境等に配慮し安全に行いましょう。

 

 

①ボール上で座る

 ボール上座位(

 

 

 

 

②両手を挙げ片足を上げる

BMP片脚上げ座位(縮小版)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③両手を挙げたまま両足を挙げる

両手両足挙げ座位(

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ボール上正座

正座

 

⑤ボール上膝立ち

KIMG0661

 

⑥ボール上で立つ(両手でバランスを取る)

最初の中は、柱や壁につかまりながら行いましょう。

立位両手バランス

 

⑦両手をリラックスし下垂

両手下垂立位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑧完成:バッティング等各種動作

バッティング

 

 

 

 

 

 

 

 

※事故等の責任は負いかねます。皆様、自己責任で慎重に練習を重ねてください。

 --------------------

 

歴史好き^ ^

2014.11.13

IMG_1968.JPG

小学3年生の時、兄が虫垂炎で入院し、母が兄のために買った漫画日本の歴史を読んでから大の歴史好きになりました。医師よりも日本史の研究者になりたいと真剣に考えた時期もありました。と前置きが長くなりましたが今日はこんな本が売っていたので購入してみました。桜田門外の変から西南戦争まで… 幕末好きにはオススメです!

職員研修

2014.11.11

IMG_1965.JPG

あんずクリニックでは職員向けに安全対策や接遇などの院内研修を行っております。院内講師としてまず本多リハビリ室室長から安全対策の重要性を接遇をテーマにスライドを用いてわかりやすく説明してもらいました。接遇はいかなるサービスの基本となるもので、クリニックでも例外ではありません。患者様によりより接遇を提供できますよう研鑽していきたいと考えております。

ハロウィンも終わり…

2014.11.07

IMG_1957.JPG

日本にも定着してきたハロウィンも終わり、街でははやくもクリスマスの装飾がみられるようになってきました。乾燥し寒暖差のあるこの季節は風邪をはじめインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が増えてくる時期でもあります。内科、小児科では インフルエンザの予防接種を行っておりますので、流行期となる12月下旬までには予防接種を済ませておくことをお勧めします。

リハビリ室長、玉乗りします!

2014.11.06

 

はじめまして。リハビリ室長の本多です。

本多写真(4分の一サイズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月1日に当クリニックがオープンし、お陰様で無事1か月が経過しました。皆様、ありがとうございます。

 

 

今日は自己紹介をかね私の特技?である玉乗りを披露します。

バッティング

コロコロと転がるバランスボールの上にただ立つだけでもかなり大変です。 そんな大変な玉乗りですが、スポーツ選手にバランス訓練を指導しているうちに、自分がボール上で様々な動作をできるようになっていました。

一流選手はバランスボール上でラケットやバットの素振りができたりします。三流選手ほど筋力のみ(つまり力任せ)でパフォーマンスを上げようとして故障していきます。一流選手のようにパフォーマンスを上げるには、バランス能力や心理面など様々な面からの総合アプローチが必要です。

そして、この総合アプローチはスポーツリハビリだけでなく一般のリハビリにも大切なこと。個別リハビリでは患者様一人一人の各能力を分析させていただき皆様が持っている潜在能力を最大限に発揮できるようアドバイス・訓練をさせていただいています。

スポーツをしている方もそうでない方も共に楽しくリハビリができればうれしいです。 皆様、宜しくお願い致します。

 

———————————————————————————

リハビリ室長プロフィール

氏名:本多 慎(ホンダ マコト) 1972年12月生まれ

職業:理学療法士 学歴:順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科、専門学校社会医学技術学院理学療法学科 スポーツ歴:バレーボール、水泳、空手、合氣道(二人の娘と稽古中)、スキー(リハ指導は全競技対応します!) 運動・スポーツ指導歴:18年 リハビリで大切にしている事:身体のみではなく心の面から患者様の立場に立てるようにすること

最近の投稿

月間アーカイブ

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ