リハビリテーション科

リハ科ブログ

私の癒しの存在

2019.12.20

今年の冬は寒暖差が激しくなっていますが皆様体調は崩していませんか?当院でもインフルエンザが増えてきています。うがい、手洗い、保温・保湿などの基本で予防していきましょう!

今回は私PT中村の愛犬「くう」をご紹介いたします。現在6歳の男の子でミニチュア・シュナウザー×トイ・プードルのミックスです。

かわいいですねー(笑) かなりのやんちゃ坊主でして生傷が絶えません(汗) でもかわいくて許してしまうんですよね。

犬と言えば、最近は大病院でも”動物介在療法”という病院で患者さんをサポートするセラピー犬が少しずつ増えているようです。欧米に比べて日本ではまだまだ衛生面や安全面の壁があるとのことですが、闘病意欲の向上、リハビリのサポート、疼痛の軽減、情緒的安定、精神機能の維持などに貢献しているそうです。病院に入る前に全身を消毒水で拭くので注射のような場面にも立ち会えるそうです!

何でも人と犬が見つめ合うとお互いにオキシトシンという幸せホルモンが出て、疼痛軽減効果もあるとか。ペットを飼っている人は飼っていない人より、年間20%前後病院に行く回数が減ったと言うデータもあるそうです。

犬や人と触れ合うことで生まれる癒しはこれからどんなにAI技術が進歩しても生み出すことが難しいものではないかと思います。私も直接患者様と関わる理学療法士として皆様に少しでも癒しをお届けできたらいいな…と思う今日この頃です。

ガラスの靴とシンデレラ

2019.11.02

皆さんこんにちは! あんずクリニック理学療法士の堀です^ ^ 

「シンデレラ」 みなさん、見たことありますか? 貧しい少女が魔法をかけてもらって、舞踏会で履いた1足しかない靴を巡るシーンがあります。

皆さん、靴は選んでいますか? シンデレラのガラスの靴と同じように1人1人の足にあう靴を探すのは、とても大変です。合わないものは足に色々なトラブルを起こします!

合う靴を探すだけでなく、足の調整がとても大切です。インソールやテーピングを使って我々は、 患者さんに快適な生活を提供する努力をしています!                                       

                                                      先日、「インソール・テーピング」をテーマに私が講師を務め、法人内で勉強会を行いました!          

インソールやテーピングは、足のトラブルだけでなく、足からくる全身の乱れ、痛みを緩和するのに使用されます!                                     

                                                      当クリニックでは、整形外科分野が中心な事もあり、使用する頻度が多いです。                                          インソールやテーピングはどなたにでも活用できます!

中には、脳梗塞後で麻痺が残り、歩きが安定しない方がいます。インソールやテーピングであらかじめ歩きの調子を見ておくことでより合った装具を調整する事も出来ます。

                                                     自分が勉強している分野を共有して、仲間がより患者さんの役に立つ。

そんな循環が生まれるよう法人内では多岐に渡る内容で全体勉強会を毎年行っています^ ^

足のトラブルを抱えている方、ご自身の足、靴に興味がある方、ぜひ一度あんずクリニックに来てみて下さい! お待ちしてます^_^

ラグビーワールドカップ!

2019.10.03

こんにちは! 理学療法士の奥田です。

皆様は、ラグビーワールドカップをご覧になっていますか?

最近、テレビや新聞でもハイライトなどが報道されていますね。

私は、高校時代にラグビー部に所属していたため、熱くなる思いで拝見しています。

 

 

 

 

 

 

※ラグビーワールドカップ 公式HPより引用

 

ラグビーのワールドカップは

1987年から開催され、今回で9回目。そして、初めて日本が開催地となっています。

たくさんのファンの方が応援に行っているみたいですね。

患者様でも、チケットを手に入れて現場に応援に向かった方がいました。(羨ましい…)

 

現在日本は、初戦のロシア戦に続き

なんと優勝候補のアイルランド(当時、世界ランク2位)にも勝利し、快進撃を続けています^^

(世界ランク2位とは、サッカーだとフランスレベルです。とんでもない快挙ですね。)

 

体格の大きいアイルランド代表に対して

日本は二人一組でのダブルタックルを駆使して鉄壁の守り。

学生時代に自分が、ラグビー合宿で関西の一回り大きい選手に対し

仲間と協力してダブルタックルで止めに行っていた事を思い出し、投影して熱くなっていました。笑

 

強大な相手や逆境でも諦めず、突き進む日本代表。

その姿に元気をもらいながら、これからも精進していこうと思います。

 

ガンバレ、ニッポン!

 

 

体組成計検査導入のお知らせ

2019.09.30

医療用体組成計導入のお知らせ

目的:健康管理 生活習慣病の治療評価 リハビリテーションの治療評価 

1回 1000円(税抜)・・・一般 

1回  500円(税抜)・・・学生・当院でリハビリ中の患者様

体組成とは体を構成している筋肉、脂肪、骨などの組織のことを指し、その体組成を測定して解析を行う機器が体組成計です。体組成のバランスが悪いと、肥満や生活習慣病さらには体調悪化につながりますので健康管理を行うには、体重だけではなく体脂肪率、脂肪の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)、筋肉量などの測定を行い体組成をチェックして、体のバランスを知ることが重要となります。また体組成計は筋肉量や部位ごとの筋肉のバランスの評価を行うことのでき、運動やリハビリテーションの効果判定にも有効です。当院で導入した機器は管理医療機器ACCUNIQ BC380Mです。高血圧や脂質異常、糖尿病を背景とした生活習慣病患者様の体水分量を正確に評価することが可能で生活習慣病の栄養指導、運動指導にも有効です。

 

夏模様

2019.08.15

夏が~過ぎ~風あざみ~

皆さんこんにちは! あんずクリニック理学療法士の堀です(^^)

井上陽水さんの「少年時代」みなさんご存じですか?

 

 

「陽水(ようすい)じゃないよ~ 奥田だよ~ 笑」

「民生(たみお)じゃないよ~ 祐司だよ~ 笑」

 

←あんずクリニック所属 理学療法士 奥田 祐司

 

 

 

 

風あざみとは、

夏が終わり、アザミの花を揺らす風に秋の気配を感じている情景の事を言うらしいです。

(ハジメテシリマシタ 笑)

今年の夏は、灼熱なので早いとこ風あざみが来てほしいですね(;´▽`A“アセアセ

 

 

 

 

 

 

私は、最近自宅に来た炭酸水を作る機械を活用し、シュわっと爽快感を感じて暑だるさを紛らわせています(*^_^*)

 

クリニックの夏休みは、すでに過ぎ、スタッフ一同暑さと闘ってます! 皆さんも夏バテ、熱中症に気を付けて是非おいしいもの食べてお過ごし下さい!

 

よろしくお願いします!!!

2019.07.16

はじめまして!

7月より入職致しました理学療法士の佐藤です。

 

以前は都内の整形外科疾患の多い急性期病院で働いていました。

出身は宮城県で,海沿いの町で新鮮な海産物をいっぱい食べて育ちました。

*下の写真は「ほっき飯」という料理です,とてもおいしいですよ(^^)!

昔から体を動かすのが好きで,学生時代はサッカーをしていました。

最近は趣味でウエイトリフティングを始めたところです。来年の東京オリンピックもチケットが取れたので観戦に行く予定です。もし興味がありましたらぜひ声をかけてください!

         

 

これからみなさんの体の悩みにお応えできるよう頑張っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

陸上競技 『日本グランプリシリーズ』

2019.06.28

みなさんこんにちは!理学療法士の乗田です。

梅雨も半ばで、寒暖差がはげしくつらい毎日ですがスタッフ一同、体調も崩さずに頑張っております!

 

 

現在、日本陸上選手権が開催されており、最近ではサニブラウン選手の100m走の日本新記録更新もあり、学生時代に陸上競技をしていた私にとって、毎日陸上についての嬉しいニュースを目にすることができて嬉しい毎日です。

 

そこで今回は陸上競技について話をさせていただきますが、

陸上競技の『日本グランプリシリーズ』というものをご存じでしょうか?

 

2018年にスタートした、指定大会を対象に年間を通してポイントを争う大会の総称です。

(日本陸上競技連盟公式サイトより)

指定された大会の中で順位、記録、日本新記録更新等をポイントにし、年間を通して争うものになっています。

この大会により野球やサッカーのようにシーズンを通しての選手の活躍を追うような楽しみ方もできるようになりました。

 

昨年度は,100m走の山縣亮太選手が全種目、全選手を含めての1位となっています。

 

今年度もすでに様々な種目で日本新記録更新がなされていたり、若い世代が上位入賞等しています。

記録の更新と併せて、どんな選手がポイント争いを制するかも楽しみですね!

 

 

 

6月PT文献抄読会日程のお知らせ

2019.06.11

 あんずクリニックでは毎週金曜日に施設内外の理学療法士に向け海外徒手理学療法の勉強会を行っています。6月のスケジュールが決まりましたのでお知らせ致します.

 

 

 

 

 

 

 

内容:主に整形徒手療法の座学・実技.ハンドリング、ファシリテーションやアスレティックリハなどに波及することも。

6月の開催日程は

14日,28日となります.

開催時間は19時15分~20時50分,現在の単元は「膝関節」です。

参加者から

 「即時効果こんなに出るんですか!」

 「徒手療法の理解が深まりました」

などなど嬉しい声を頂いています.

現在,10回以上参加された方に徒手療法で使えるベルトを無料でプレゼントしてます.これで多くの方を治療してもらえると嬉しく思います.

参加を希望される方は、

 ①氏名(フリガナ)

 ②年齢

 ③所属

 ④経験年数

を記載したEメールを

 m-honda@tenseikai.or.jp

までお送り下さい。一緒に楽しく学びましょう(^_^)/

(本多)

あの季節がやってきました…

2019.05.22

皆様こんにちは.理学療法士の小野寺です.

GWもあっという間に終わり,5月も後半,暑くなってきましたね.

今日は,昨日の大雨が嘘のように晴れて気持ちいいですね!

 

花粉が落ち着いてきたかと思えば…

今年もやってきましたこの時期…

 

熱中症の季節です!!

 

気温が上がってきますがまだ体が暑さに慣れていないことや湿度が高いこと,また夏と違って水分補給の意識が低いことから要注意です!

こまめな水分・塩分補給,暑さ対策をしっかり行い,予防しましょう.

 

洗濯や外出,スポーツにはとてもいい天気です.

今週末くらいから,多くの学校で運動会が開催されるようですね

皆さんケガなく楽しんでください!

野球肩~インピンジメント障害

2019.05.14

肩関節障害の予防(インピンジメント障害 腱板損傷予防の観点から)

当院では野球選手の肩関節障害の患者さんが多くいらっしゃいます。その中で多くみられる病態にインピンジメント障害があります。インピンジメント障害の発生についてインナーマッスルとアウターマッスルとの関係から話をしてみようと思います。肩のインナーマッスルは、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉を指し、不安定になりやすい肩関節を安定化させる重要な役割を担っています。この4つの筋肉はそれぞれの協調しながら肩関節を安定化させ投球時に肩関節がスムーズに動くよう働いています。インナーマッスルが疲労などにより機能不全に陥ると、肩関節の安定性が失われ、インピンジメント症候群や腱板損傷など肩関節障害を引き起こすことになります。肩関節の安定化つまりインナーマッスルを鍛えることが肩関節障害の予防にとってきわめて重要だと私は考えています。

  • 棘上筋の役割

 

棘上筋腱は肩甲骨から上腕骨に付着しており、肩関節を外転(腕を横に持ちあげる)する役割を果たす。また上腕骨頭を肩甲骨の関節面に引き寄せる(求心位を保つ)重要な役割があります。

  • 棘下筋の役割

 

棘下筋腱は肩甲骨から上腕骨に付着しており、肩関節を外旋(腕を外向きにひねる)する役割を果たす。

  • 肩甲下筋の役割

 

肩甲骨の裏側から上腕骨に付着しており、肩関節を内旋する(腕を内向きにひねる)役割を果たす。

  • 小円筋の役割

 

小円筋は肩甲骨の外側から上腕骨に付着しており、肩関節を外旋する(腕を外向きにひねる)役割を果たす。

これら4つのインナーマッスルを日頃よりバランスよく正しく鍛えておくと肩関節の安定性が高まり肩関節障害の予防につながります。

アウターマッスル(三角筋)とインナーマッスル(棘上筋)との関係

肩のインナーマッスルに対しアウターマッスルは、体の表層にあって外から触れることのできる筋肉です。ウェイトトレーニングで鍛えている筋肉はこのアウターマッスルで肩関節の大きな動きに関わる三角筋、大胸筋、広背筋、僧帽筋などがその代表です。

左図のごとく三角筋は上腕骨を外転する役割があり、この筋肉がウェイトトレーニングで肥大したりまたストレッチ不足で固くなると上腕骨頭が上方に変位します。その際に上腕骨頭が上方に変位しないよう上腕骨頭を肩甲骨関節面に引き寄せる働きをしている筋肉の中心がインナーマッスルの棘上筋です。この棘上筋の筋力低下があると上腕骨頭が上方に変位し肩甲骨の上方にある肩峰と上腕骨頭の間にある肩峰下滑液包や棘上筋がその間に挟まってインピンジ(衝突)し炎症がおきます。野球肩の多くにこの障害がおおく認められ、棘上筋の損傷に進行すると投げることがまったく困難になってしまいます。

肩関節障害予防のためにはアウターマッスルを鍛えると同時並行してインナーマッスルをきたえることが非常に重要です。このほかにも肩関節の障害を引き起こす原因としては肩関節や股関節の柔軟性の低下など様々な要因があります。しかしながらどのような状況でも肩関節の求心位を保つ=肩関節の安定性を生み出すインナーマッスルの強化は日常的に野球選手がやっておくべきトレーニングなのです。

最近の投稿

月間アーカイブ

よくいただくご質問 求人案内
武蔵境病院付属あんずクリニック

武蔵境病院付属

あんずクリニック

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町4-1-15
TEL: 0422-50-9770
FAX: 0422-50-9771
診療予約 ネット予約できます 各種カ-ド支払いできます

診療時間

こちらをご確認下さい

» クリニック案内
» アクセス・お問い合わせ